はり治療が効く理由はいつくかありますので順番に解説します

1.脳に直接アプローチする

鍼が効く一番の理由は、刺激が神経を通って脳に伝えられることです。

肩こり(筋肉の緊張)をつくっている神経の緊張は脳からの命令なのですが、鍼刺激によって脳にアプローチすることで、その命令をやめさせることができるのです。


2.脳をだます

少しややこしいのですが、肩こりの不快感は肩で感じているのではありません。

肩がこっているという情報が脳へ伝えられ、脳が「肩がこっている」と感じているのです。

同じように鍼が刺さったという情報が脳へ伝えられるのですが、肩こりの情報よりも、鍼の刺激の情報の方が速く脳に到達します。

同じ場所からきた情報に対して、脳はひとつしか認識しない性質があるので、鍼刺激を認識した脳は肩こりを認識しなくなります。

脳が認識しなければ肩こりはなくなったのと同じことになります。


3.鍼は有害なもの

鍼はバイ菌などと同じように、カラダにとっては “悪いもの” なのです。
 ※感染するという意味ではありません

その悪いものを排除するために、カラダは薬をつくりだして鍼の刺さっているところに集めます。

カラダのもっている治すチカラを誘導してあげる。
そんなイメージです。


以上の3つが「ハリの効くワケ」のカンタンな説明でした。

インフォメーション
治療院の場所・施術料金などについて詳しくはこちらをご覧ください
悠心堂ホームページ
ラジオで紹介されました
悠心堂ブログ