頭痛の種類とその原因

頭痛には大きくは、症候性頭痛と機能性頭痛に分かれます。

症候性頭痛とは、脳腫瘍(のうしゅよう)、脳出血、くも膜下出血、髄膜炎(ずいまくえん)・緑内障などの病気によって起こる頭痛です。

これらは命にもかかわる場合もあります。

また、マヒや失明など後遺症が残る可能性も高い病気です。

内科・神経内科・脳神経外科・心療内科・眼科 などに必ず受診するようにしましょう。

慢性的な頭痛の多くは機能性頭痛と呼ばれるものです。

機能性頭痛には、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛、というものがあります。

これらの頭痛は後遺症が残る心配はありません。

  1. 緊張型頭痛
  2. 偏頭痛(片頭痛)
  3. 群発頭痛
  4. 頭痛は軽くみてはいけません
インフォメーション
治療院の場所・施術料金などについて詳しくはこちらをご覧ください
悠心堂ホームページ
ラジオで紹介されました
悠心堂ブログ